ダークウェブとは?分かりやすく解説!アクセス方法や利用目的も解説

ダークウェブの定義や危険性、アクセス方法などに迫る

インターネットの暗号化された一角、知る人ぞ知るダークウェブ。その謎に満ちた世界について、IT初心者でも理解できるように解説します。ダークウェブの定義から、その生まれた背景、主な利用目的、売買されているもの、さらには危険性についても深掘りしていきます。

私と一緒にダークウェブについて学習していきましょう!

下記の記事リンクは、最大で受講料の70%の給付金を貰いながら、
ハッキング技術を学んで「ホワイトハッカー」を目指せる講座の紹介記事です!

ダークウェブとは?

ダークウェブってなに?

たまに聞くけど、ダークウェブってなんだろう…?

インターネットには、普段私たちがアクセスすることのない秘密の領域が存在します。

その中でも特に謎に包まれた存在が「ダークウェブ」です。

今回は、このダークウェブについて、詳しく見ていきましょう。

なんだか怖そうなイメージ。。。

ダークウェブの定義

ダークウェブとは、通常のブラウザではアクセスできず、特殊なソフトウェアを使用しなければ入ることのできないインターネットの領域です。

ここでは、ユーザーの匿名性が保証され、誰が何をしているのかを追跡することが非常に難しいため、様々な活動が行われています。

もともとはセキュリティ意識が高い人たちが利用する場だったんだ。

インターネットの3つの区分

インターネットの階層図3区分の図解

インターネットは大きく3つの区分に分けられます。

オープンウェブ

これは私たちが日常的にアクセスしているインターネットの領域で、検索エンジンを通じて情報を検索したり、ウェブサイトを閲覧したりすることができる公開された部分です。

ディープウェブ

オープンウェブとは対照的に、ディープウェブは検索エンジンで見つけることができないインターネットの領域です。

ここには、パスワードで保護された銀行口座や社内ネットワーク、非公開の研究データベースなどが含まれます。

ダークウェブ

ダークウェブは、ディープウェブの一部でありながら、特別なソフトウェアを使わなければアクセスできない非常に秘匿性の高い領域です。

ここでは、ユーザーの匿名性が強く保護されています。

限られた人にしか公開していないURLで、秘密裏に情報交換や売買が行われるんだ。

ダークウェブはなぜ生まれたの?

ダークウェブはもともと、インターネット上での匿名性を確保するために開発されました。

政治的な弾圧を避けたい活動家や、プライバシーを守りたいユーザーにとって、安全なコミュニケーション手段として利用されています。

しかし、その匿名性が犯罪に悪用されることもあります。

日本では想像しにくいかもしれないけど、公で自由に意見を言うことができない国も多いんだ。そんな国ではダークウェブを利用して情報を公開したり交換したりするんだね。

ダークウェブの主な利用目的

ダークウェブは、様々な目的で使用されています。

中には、言論の自由を守るためや、セキュリティ研究、プライバシー保護のために使われることもありますが、残念ながら違法な取引や活動に利用されることも少なくありません。

その高い匿名性を利用して違法取引をしたりするんだね。

ダークウェブで売買されるもの

実際にダークウェブで売買されているもののリスト画像

ダークウェブでは、企業の脆弱性、違法薬物、偽造品、盗まれた個人情報、違法なサービスなど、法律で禁じられている物品やサービスが取引されています。

このような取引が可能になるのは、ダークウェブが非常に高い匿名性を実現しているからです。

セキュリティの高さが悪用されているなんて皮肉だね。

ダークウェブにアクセスする方法

知られざるダークウェブにアクセスする方法をご紹介

ダークウェブに足を踏み入れるには、通常のインターネット閲覧とは異なる方法が必要です。

そのための主な方法を紹介します。しかし、注意が必要です。

ダークウェブへのアクセスはリスクを伴うため、情報収集や学術的な目的での利用であれば良いですが、違法行為からは距離を置くことが重要です。

怖いもの見たさで首を突っ込むのはやめておこう。

匿名性の高い「Torブラウザ」などを使用する

Torブラウザの画面ショット

ダークウェブへのアクセスに最も一般的に使用されるツールは「Torブラウザ」です。

Tor(The Onion Router)ブラウザは、ユーザーのアクションを匿名化し、その活動を追跡することを非常に困難にする設計がなされています。

このブラウザは、ユーザーのデータを複数のサーバーを経由して送信することで、身元を隠しています。

Torブラウザを使用することで、一般的なインターネットブラウザではアクセスできないダークウェブのサイトに入ることができます。

聞いたことないブラウザだな。

URLを直接入力する

ダークウェブのサイトは、通常のウェブサイトとは異なり、「.com」や「.jp」などの一般的なドメインを使用しません。

代わりに「.onion」という特殊なトップレベルドメインを使用しています。

これらのサイトにアクセスするには、Torブラウザを開いて、具体的な.onionドメインのURLを直接入力する必要があります。

これらのURLは通常、ランダムな文字列で構成されており、覚えるのが難しいため、信頼できるソースからのリンクをたどるか、専門のサービスを利用するのが一般的です。

通常は知り得ないURLだから、調べたってなかなかでてこないぞ。

ダークウェブのリスクと危険性

ダークウェブのリスクと危険性を解説・警告

ダークウェブは、その匿名性によって多くのメリットを提供しますが、同時に多くのリスクや危険性もあります。

ここでは、ダークウェブを利用する際に特に注意すべきポイントと、安全を確保するための対策をご紹介します。

一つずつ確認していこう!

詐欺行為の横行

ダークウェブでは、匿名性が高いため、詐欺行為が頻繁に発生します。

商品やサービスを偽装した詐欺サイトが多数存在し、利用者を騙して金銭を詐取するケースが後を絶ちません。

また、存在しない商品の販売や、事前支払いを要求する詐欺も報告されています。

なんのツテもない素人がアクセスしてきたら、まずカモにされるだろうな。

ウィルス感染と個人情報の流出

ダークウェブを利用する際には、ウィルスやマルウェアに感染するリスクも高まります。

不正なソフトウェアのダウンロードや、怪しいリンクのクリックにより、端末が感染する可能性があります。

これにより、個人情報の流出や、金銭的損害を受けることも少なくありません。

■マルウェアについての簡単解説動画「1分で分かるマルウェア」です。

ウイルスに感染してしまうなんて・・・アクセスするんじゃなかった。。。

ダークウェブの被害に遭わないための対策

ダークウェブとの正しい関わり方

ダークウェブを利用する際には、その性質を正しく理解し、法律を遵守する行動を心掛ける必要があります。

また、必要ない限り個人情報を提供しない、信頼できる情報源からのみアクセスするなど、慎重な利用が求められます。

パスワードやアカウント、個人情報管理の徹底

強力なパスワードの設定や、異なるサービスでのパスワードの使い回しを避けることが重要です。

また、二要素認証の利用、定期的なパスワード変更、個人情報の最小限の共有を心掛けることで、安全性を高めることができます。

用がないなら立ち入らないのが鉄則だ。

ダークウェブから考えるセキュリティの重要性

ダークウェブから考えるセキュリティの重要性

ダークウェブは、インターネットにおけるセキュリティの重要性を改めて私たちに教えてくれます。

ダークウェブは、デジタル世界の暗部に潜むリスクと脅威を象徴しています。

ここでは、ダークウェブがなぜセキュリティ意識を高めるきっかけとなるのか、その理由を探りましょう。

セキュリティの大切さが改めて分かるぞ。

セキュリティは基本から

ダークウェブのリスクを考えるとき、まず基本となるのは自己防衛です

個人情報の保護、強固なパスワードの設定、ソフトウェアの定期的な更新、信頼できるセキュリティソフトウェアの使用など、基本的なセキュリティ対策が非常に重要です。

これらの対策は、ダークウェブのみならず、オープンウェブにおいても同様です。

マルウェアへの対策と似ている部分もあるね

情報の価値を理解する

ダークウェブで行われている個人情報の売買の多さを見ると、情報が非常に価値を持ち、悪用されうるかが分かります。

自分の情報をどのように管理し、保護するかを考えることは、ダークウェブの存在を知ることでより具体的に意識できるでしょう。

情報の価値を理解し、適切な管理を行うことが、セキュリティ意識を高める上で欠かせません。

名前やメールアドレスの売買は非常に盛んなんだ。それを元に詐欺活動が行えるからね。

予防と対策の重要性

ダークウェブでの活動は、セキュリティ対策、とくに予防の重要性を教えてくれます。

セキュリティ対策は、問題が発生した後ではなく、事前に行うことが最も効果的です。

データ漏洩やサイバー攻撃の予防には、定期的なセキュリティチェック、リスク評価、教育と訓練が不可欠だと思ってください。

情報が盗み出されていることや、マルウェアに感染したことなどを知ることは難しいもの…
事前にどれだけ予防できるかが重要です!

継続的な学習と更新

セキュリティの脅威は常に進化しています。

セキュリティ技術や対策も同様に進化し続ける必要があります。

最新のセキュリティトレンドや脅威に対する知識を常に更新し、技術を磨き続けることが、セキュリティを確保する上での非常に大事になります。

ホワイトハッカーとは?
簡単に言うと、サイバー攻撃からシステムやネットワークなどを守るためにハッキングやセキュリティの知識やスキルを駆使するハッカーのことです。

こちらの記事では、ホワイトハッカーの職種や年収、どんなスキルが求められるか、需要が高まっている背景などについて分かりやすく解説しています。

セキュリティって改めて大事なんだね。

まとめ

ダークウェブはその高い匿名性により、プライバシーを重視するユーザーに利用される一方で、違法活動の温床ともなっています。

アクセスには特殊なツールが必要であり、Torブラウザの使用など特定の手順を踏むことでのみ、この秘匿されたネットワークに入ることができます。

しかし、詐欺やウィルス感染、個人情報の流出などのリスクが常に伴うため、ダークウェブへのアクセスと利用には細心の注意が必要です。

ダークウェブについて考えることは、セキュリティ対策の重要性、情報の価値の認識、そして予防と対策の実施の必要性を再認識させてくれるものです。

また、セキュリティの脅威は絶えず進化するため、最新の情報に基づいた知識の更新と、技術の向上を継続することが重要です。

適切な知識と対策を講じることで、リスクを最小限に抑え、インターネットの利便性を安心して享受していきましょう。

この記事があなたのお役に立てればうれしく思います。

【セキュ塾】で開講されている、最大で受講料の70%の給付を受けてホワイトハッカーを目指せる講座「ホワイトハッカー育成コース」の紹介をチェックしていってください!

【セキュ塾】ホワイトハッカー育成コース紹介

セキュ塾「ホワイトハッカー育成コース」のご紹介

【セキュ塾】で開講されている「ホワイトハッカー育成コース」は、今大会でも使用したハッキング技術を競うコンテスト「CTF(Capture The Flag)」を通して様々な攻撃手法を学び、あらゆる脅威からシステムを守るための防御手段を身につけホワイトハッカーを目指します。

Network、Forensic、Web/SQL、Binary、Crypt、攻防戦をハンズオンで毎月分野ごとに実施し、業界トップクラスのセキュリティエンジニア講師から実践的なセキュリティ技術を1年通して継続学習します。

受講生の年齢制限はなく学生から社会人まで幅広く受講できます。
学習環境はクラウド上にあるため、遠隔地からの受講が可能となりました。社内はもちろん、外出先や家からでもいつでも受講できます。必要なのは安定したインターネット接続環境とブラウザのみです。
最大で受講料の70%支給される給付金制度もありますので、ぜひご利用ください!

ホワイトハッカーを目指したいといった方の入塾をお待ちしています!

完全無料のセキュ塾無料カウンセリングのお申込み

・コースのカリキュラムや就職支援について知りたい
・受講生はどんな方が受講していて、どんなところに就職したか知りたい
・自分が補助金を受給できるかの確認がしたい
・ホワイトハッカーってどんな仕事なの?

などの疑問やお悩みを専任のキャリアカウンセラーが解消します。

ホワイトハッカーを目指したいと考えている人には最適なコースになっています!
セキュ塾では、提携している多数のセキュリティ企業様への就職紹介も行っています!

コメント